レインボートラベル
航空券・ホテルの手配から書類作成まで…業務渡航のポータルサイト
このサイトは、プライバシー保護のためThawte Degital Certificateを使用しております。これによりお客様がWorld Wide Webを通じて我々に送られる全ての情報は暗号化され、 改竄・漏洩することが無いことを保証いたします。

 

 
旅のまめ知識
Eチケットについて まめ知識

Eチケットとは

簡単に説明しますと、E-チケットとは従来使われている紙のチケットに印刷されている全ての情報が、指定座席番号まで含めて航空会社のコンピューターのデーターベースに入力されます。「チケットが無い、または存在しない」のではなく、「航空会社が皆様のチケットを預かっている」と考えていただければ良いでしょう。チケットはデーターベースの中にチケット番号と共に存在しますので、チケットレスではありません。E-チケットサービスですと旅行中に盗難にあってチケットを盗まれたり、紛失したりする事はありません。 Eチケットとは、従来の航空券に記載されている内容を、紙の代わりに航空会社のシステム内に記録させるエレクトロニック・チケット(電子航空券)という新しいタイプの航空券です。旅程表のみを発行しますので、郵送時の紛失などの心配もありません。

現在、弊社でご予約の場合、ノースウエスト航空は、一部を除き、ほぼEチケットの発行となります。

 


EチケットQ&A

   どうして従来の紙のチケットからEチケットへの移行が始まったのですか?

  Eチケットの予約の仕方、使い方は?

   利用条件はありますか。

   Eチケットを無くすことはありますか?

   旅程中、旅程表の携行を勧めるのはなぜですか?

   Eチケットの場合、払い戻しはどうなるのですか?

   旅程表紛失の手数料はどうなるのですか?

どうして従来の紙のチケットからEチケットへの移行が始まったのですか?
紙製のフライトクーポンには金銭的価値がありますから、それを発行することで、全ての関係者つまり、旅行代理店、お客様、それに航空会社にかなりのコストを強いることになります。ところがE-チケットになると、クーポンの交付、保存、決算、詐欺や窃盗に対する対策費にかかるであろうコストを減らしたり、なくすことができるのです。

Eチケットの予約の仕方、使い方は?
■予約・チケットご購入

通常通り、お電話、Eメール、ご来店にてご予約を承ります。

現時点では、ノースウエスト航空のみ一部を除きほぼEチケットとなります。

他の航空会社につきましては、お問い合わせ下さい。

■旅程表
最終のご確認を承った後、従来は、航空券をお送りしておりましたが、旅程表を郵送、またはファックスにてお送りいたします。
この書類は、入国する国によっては、お帰りの航空券の代わりに、入国審査での提示が必要となる場合もございますので、携行下さいますようお願い申し上げます。
■ご搭乗
ご搭乗の際は、パスポート(必要なビザ)、旅程表をお持ちになり、チェックインカウンターへお越し下さい。目的地までのボーディング・カードをお受け取り頂きます。復路のチケットはございません。
■目的地到着時
入国審査の際、パスポート(必要なビザ)と復路のチケットのかわりに 旅程表をご提示下さい。
■ご帰国
パスポート(必要なビザ)、旅程表をお持ちになり、チェックインカウンターへお越し下さい。
 

利用条件はありますか。
はい。下記に該当する場合はお使いいただけない場合がございます。
・座席を使用しない幼児
・ Eチケット対象以外の便、路線、航空会社。(ご利用の料金体系により、共同運行便、特定路線を含む旅程には、手配できない場合もございます。)
・ご利用区間が16区間を越える場合

Eチケットを無くすことはありますか?

いいえ。
E-チケットを無くすことはありません。

しかし、旅程表を無くしてしまうことはあるかもしれません。もし旅行中になくされても、航空会社の発券カウンターや空港の発券カウンターにて、すぐに再発行することができます。


旅程中、旅程表の携行を勧めるのはなぜですか?
海外旅行の場合、多くの国では「第三国への出国便/帰国便」が証明できるものを提示するよう求めてきます。税関や入国審査では、「第三国への出国便/帰国便」を証明するものとして、旅程表を扱っています。

Eチケットの場合、払い戻しはどうなるのですか?

弊社にてご購入のチケットは、従来どおり、弊社でお手続きをいたしますので、ご安心下さい。

旅程表は返却が必要となりますので、大切に保管してください。


旅程表紛失の手数料はどうなるのですか?
E-チケットの場合、紙製航空券が存在しませんので紛失のトラブルはありません。したがって手数料も発生しません。

 
旅のまめ知識TOP
ホームへ戻る